リフォーム施工例

大阪府堺市南区で大谷石塀からフェンス塀に!

施工例画像(エクステリアリフォーム)

お客様のご要望
大谷石が経年劣化で傾き崩落しそうなので取替えてほしい
受注のキッカケ
OB客
施工のポイント
職人の細やかな心遣いで全体的な現場バランスを取っている。
フェンスの選択も良く本宅の焼き板、瓦にマッチしている。

物件スペック

地域名 大阪府堺市南区
工事期間 45日
工事概算金額 150万円~
  

施工前
上部の大谷石が波打ったり、傾き始めていて危険なのでフェンスに取替工事

既存の大谷石には鉄筋など、緊決することなく置いてあるだけなので、いつ崩落してもおかしくない状態
上部の笠木部分は弾けて崩落している箇所がいくつも見られた
下部の石積みにも、ズレ落ちやモルタルの欠損など多く見られた

  

見積り種類は2種類で
現状復帰→鉄筋入りの模造大谷石でのやり変え復旧→価格的には現状復帰の見積りが2割ほど高い
フェンスに取替→上部を軽くしイメージを変える→価格的にはフェンスに取替の見積りが2割ほど安い

フェンスについては金額の幅がデザインによって大きい

   


大谷石撤去後、高圧洗浄で細かい汚れや埃を落としています

   

補強基礎として既設石積み裏を鉄筋で連続して、崩れを防止します
既設モルタルの補強をしていきます

 

ブロックの基礎になる部分を型枠で設置。
現場に応じた職人の腕の魅せところです。支持する場所も少なく手間の掛かっている仕事です。
この一手間が次の工程の進行に大きく係わります
生コンクリートを流した様子


   

コンクリート養生です
連日、気温が低く日程を調整しながらの工程になりました

生コンクリートが打ち終わってバリカー設置の様子
綺麗な現場です


型枠撤去
水平の取れた綺麗な基礎です
右下写真は一体感が出た緊密な基礎が出来上がりました

   

出来た基礎に墨付け、ブロックの位置を割り出します
次に、基礎とブロックを強固にするために鉄筋を設置します

ブロック積み工程
ブロックはリブになります
見積りにはブロック2段積みとしていましたが、基礎部分を水平調整したら思ったよりも高さが出来きたので、
ブロック一段積みしてフェンスと門柱の高さを考慮しました

   

最後の工程 フェンス工事です。
LIXIL製 ジオーナフェンス

   

外構屋さんの粋な心遣い
最後に家内側の基礎裏の見えない部分の左官仕上げ
型枠の金物使用した穴も綺麗にシゴキが入ることで、家の裏側から見てもフェンスと一体感のある雰囲気のある空間になりました

細やかな所にも気を配れる職人さん
他にも、既設石の間にもモルタルで補填を施し、新しいフェンスに負けないよう、職人気質、思いを出して頂きました


施主F様。いつもお世話になっています。写真提供ありがとうございます。
外構:翔花様。 いつも綺麗な現場ありがとうございます。各写真使用させていただきました。